ecowin

  • TEL:092-791-3817
  • 電話受付時間:9時~18時(日・祝を除く)
ホーム > 24時間換気システム 後付け可能か?
このエントリーをはてなブックマークに追加

24時間換気システム 後付け可能か?

2019/08/26

24時間換気システムとは?

最近の住宅は24時間換気が義務付けられていますが、一般的に第3種換気と呼ばれるもので、換気扇で室内の空気を排出し、換気口より自然吸気で換気するものとなっています。

この場合、室内に取り付けられた換気扇を作動させれば、自動的に室内の換気を行うのですが、外の空気をそのまま吸気してしまうので、エアコン等で折角室内を適温にしていても、夏場は暑い空気が、冬場は冷たい空気が流れ込み、再度空調を行わないといけなくなります。

その為、給気口を閉じたままにしている人が非常に多く、換気扇を回しても全く換気がされていないという状況となってしまっています。

 

また建築基準法改正前(~2003年)に建てられた住宅は、換気装置そのものが装備されていない場合もあります。

 

 

24時間換気システムは後付け可能か?

結論から申し上げますと可能です。

先ずは給気口を設ける必要があります。
換気扇の対角線上の壁に100φもしくは150φの孔を開けて換気口の器具をはめ込む工事になります。

次に既存の換気扇が必要換気量の排出を行える能力があるかどうかを確認します。
もし不足している場合は、能力の大きいものに取り換えるか新たにもう一つ換気扇を設置する工事が必要になります。

ただこの方法ですと、エアコン等で適温にした室内の空気が吸い出されエネルギーのロスが起こります。
それを防ぐ方法は次の項でご説明いたします。

 

 

24時間換気でも、空調エネルギーロスの無いシステムとは?

後付けでという条件が付くと、唯一可能なものとしては、エコファクトリー社からリリースされている「エコウィンエアー」だけです。

エコウィンエア―は、換気口の外壁に後付けで設置可能で、エアコンのエネルギーロスをすることなく24時間換気が可能となります。

エコウィンエアーの詳細はこちらを参照ください。
https://ecowin-life.jp/air