ecowin

  • TEL:092-791-3817
  • 電話受付時間:9時30分~17時30分(日・祝を除く)
ホーム > 吹抜けリビングでエアコン(冷暖房)が効かなくてお困りではありませんか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

吹抜けリビングでエアコン(冷暖房)が効かなくてお困りではありませんか?

2019/06/03

吹抜けのリビングの冷暖房空調は輻射式冷暖房エコウィンで解決

吹抜けのリビングは開放感があり、採光が多く取れるため家の中が明るくなるなどのメリットがあって間取りとしては非常に良いのですが、デメリットとして冷暖房空調がどちらも効きにくい条件となってしまい、皆さん苦労されているのではないでしょうか?

吹き抜けのある家は空間が広くなるため必然的に光熱費は高くなってしまいます。
吹き抜けの家は、冬場は暖かい空気は上の方へ逃げていってしまいますし、夏場は外からの光が多い分熱くなる傾向にあります。

空間が広くなる分、その分だけエアコンも出力性能の高いものを購入設置することが必要となり冷暖房空調にかかる電気代などのランニングコストが、確実に上がってしまいます。
吹き抜けのリビングにダイニングや階段、玄関ホールが続いているようであればさらにランニングコストが上がってしまうのは必至です。

 

 

輻射式冷暖房エコウィンなら、吹抜けでも効率よい冷暖房空調が可能です。

輻射式冷暖房エコウィンであれば、吹抜けの暑さ対策、寒さ対策のどちらにも効果があり、冷暖房が効かないという問題は解決できます。

通常のエアコンは、室内の空気を暖めたり冷したりしますので、吹抜けの場合、冬場の暖房時では温かい空気が上の方に行ってしまい家族やご夫婦で普段過ごしているリビングや床は中々温まりません。
(床暖房タイプという方法もありますが設置コストもランニングコストも高価で新築時に施工しないと後付けは非常に難しく、そもそも暖房しか出来ません。)

逆に夏場の冷房時の場合は冷気が下の方に溜まるので足元は冷えるのですが、2階の部屋から暑い空気の熱が伝わり、足元以外は中々冷やすことが難しくなります。それで冷房を強くすると足元が寒くて、子育て世代の方であればお子さんの風邪も心配になりますね。

シーリングファンの設置やサーキュレーターを多用して空気を拡散する方法もありますが、それでも温度ムラを無くすことはあまり期待できません。
また、空気を拡散することによって、アレルギーの原因である埃や花粉を巻き上げたり、インフルエンザや新型コロナウィルスなどの拡散を助長することにもなります。

 

遠赤外線を活用したエコウィンの場合ですと、床・壁・天井・家具・人体に直接作用してきますので、吹抜けの場合でも、部屋全体の温度差やムラが無くなり冷たい冬場の床フローリングもほんのり暖かく、快適な暮らしをおくれる空間を作ることが出来ます。

もし吹き抜けリビングの上部に寝室があれば窓を開放することで同時に寝室へも遠赤外線(輻射熱)の作用が及びますので、就寝前にわざわざ寝室のエアコンをつけなくてもよくなります。

また、エコウィンに接続するエアコンも通常よりかなり小さな出力のタイプで済みますので、ランニングコストも大幅に削減することが期待出来、省エネで快適な暮らしを実現します。